げん玉経由でYahoo!JAPANカード(ワイジェイカード)を発行するもまさかの人生初、非承認を食らってしまうの巻【2019年3月23日、追記有】

げん玉のげんちゃん経由でYahoo!JAPANカードを発行すると、2日間限定でなんと、10,000円分ものポイントが付いたので

この機会に久しぶりにクレジットカードを発行してみました。

私は、楽天カード・ライフカード・エポスカードの計3枚を過去にポイントサイト経由で発行しているのですがどれもそこまでお得な時に発行できたわけではないので今回は大正解でした(この時はそう思い、喜んでいたが……)。

なんつっても10,000円分ですものね。楽天カードならこのくらいアップすることは珍しくないのですが、ワイジェイカードことYahoo!Japanカードでここまで付くことは稀です。

さらには、計11,000円相当の期間固定のTポイント(発行後に5,000円+1回利用に付き2,000円×3)まで付くのですからお得でしかありません!(これはCMでもやってましたね。でもポイントサイトを経由すれば、更にお得になることを知っている人はまだまだ少ないのが現状です)

私は、ポイントサイトのポイントだけでなく、Tポイントも貯めてますからね。もちろん、楽天ポイントもです。これで楽天とYahoo!両方のカードを手に入れたのでどちらを使用してもポイントが付くという最強の布陣になりました。

ポイントサイト×Yahoo!ショッピング×Yahoo!カード、もしくはポイントサイト×楽天市場×楽天カードでトリプルでポイントを貯めるわけですね。

楽天もYahoo!もポイントに関してはサービスがいいので今後は少しずつ、脱Amazonをしていこうかな、という魂胆です(まぁ、楽天とYahoo!は送料が高いことが多いので結局そこまでお得にはならなかったりするのだが)。

また、Yahoo!Japanカードは、スマホ決済アプリのPayPayにチャージできる、唯一のクレジットカードにもなっています。PayPay株式会社は、ヤフーとソフトバンクの共同出資会社ですから自社のカードを優遇しているんです。PayPayの勢いから言っても今後はこのYahoo!Japanカードが必須になりそうですね。

申込方法と手順

本当は、申込方法を丁寧に解説していこうと思ったのですが肝心のスクリーンショットを撮り忘れていました(期限ギリギリで申し込んだので……)。もう一度やろうと思ったら以下のように表示されてしまいます。残念です。。

記入事項

本人情報入力(1ページ目)

  • 名前・生年月日・性別・住所
  • 電話番号(スマホのみでも可)
  • 職業・前年度の税込年収・家族構成・住まい・世帯年収
  • ブランド(JCB・MASTER・VISA)とカードデザイン(私は「けんさくとえんじん」キャラの描かれたやつ)の選択
  • 運転免許証の有無(有の場合、記載の12ケタの番号を入力)

何が嬉しいって、運転免許証をコピーして送付するどころか、スマホカメラで撮ってアップロードする必要すらなく、なんと12桁の番号を入力するだけでいい点です。これだと非常に簡単に終わりますよ。

職業・カード情報入力(2ページ目)

  • 勤務先(勤務先名等)・勤務先情報(住所、電話番号)・勤務先状況(勤続年数等)
  • 役職・預貯金額(これらは任意なので別に記入しなくてもOK)
  • 暗証番号
  • キャッシングサービス・ETCカード・Yahoo!プレミアム(それぞれ利用するか否か)

正社員ではなく派遣社員の場合、勤務先は、派遣先(通勤している職場)ではなく派遣元の派遣会社名(パソナとかアデコとかその他)を記入するようにしてください。

以上になります。あわせて2ページしかなく記入箇所も少なかったので、カード発行にしては時間がかからず、スムーズに申込むことができました。

審査結果

申込後、一時間程度で判定中のメールが届きました。げん玉はこうしてメールを寄こしてくれるので安心です(普通そうだけど)。

通帳にも記載されたよ。

審査結果は2週間程度ということで気長に待っていたところ(カード自体の審査には約1週間で通った)、先日ついに結果が表示されました。

なんと、まさかの無効判定……!カード自体はちゃんと手元に届いているのに!

高ポイントのもらえるカード発行で無効判定になるのは、これが初めてなのでショックです(正直、この金を当てにしていた部分もあったので)。

ポイントサイト初心者さんの多くはこのように一度、無効判定が出てしまうと、それは覆ることはない、と思っているかもしれません。

確かにげん玉のヘルプセンターの「ポイントが無効になってしまった」の項目にも以下のように記されていますからね。

スポンサー企業が望む条件を満たしていないためです。

判定作業はスポンサー企業、あるいはスポンサー企業が委任している代理業者様に委ねており、詳細条件などはげん玉事務局には開示されておりません。

げん玉事務局は、スポンサー企業より連絡を受けたものをお客さまのポイント通帳に反映し、スポンサー企業の承認作業の結果をお客様に開示しています。

有効判定となったお客様の分に限り、広告費をスポンサー企業よりいただいており、その広告費の中から一部をポイントとしてお客様に付与している為、スポンサー企業が望む条件を満たしていただいたお客さまのポイントを無効とすることはありません。

しかし、こちらに何ら落ち度がないのならば、無効になってしまったからと言って、それを易々と受け入れ、泣き寝入りする必要はありません。それは上のような文言を素直に受け入れてしまいそうになる私や、純粋無垢で真面目な初心者さんだけです。そうしていい人は損をしてしまうのです。仕事でも一緒ですよね。

こちとらポイントサイト歴だけは長いですし少しは貢献している面もあると自負しています。それにただでさえ、仮想通貨の大損失で正直この金を当てにしていた部分もありますから(まぁこれはこちら側の勝手な都合だが)このまま黙っているわけにはいきません!

無効判定が出た時の対処方法

では、通帳に記載されなかったり、なかなか有効にならない、今回のように無効判定が出てしまった時にはどうすればいいか。

普通に「お問い合わせ」から連絡してもいいですが(実際、昔一度だけ無効になった時にハピタスに問合せをしたら有効になったことがある)安心してください、げん玉の場合はそれ用の窓口がちゃんと設けられているんです。

まさにこれですやん?3つ目に「ポイント獲得条件を満たしているのに無効判定が出てしまった……」とありますもん。

行き方は、通帳の一番下のところから。

さっそく利用してみよう!

サービス利用日を選ぶと、サービス名のところの選択肢のひとつにYahoo!Japanカード案件がすぐに出てきました。

氏名・YahooID・メルアド・カードを受け取った日・申請完了メールを記入。こういう時のために受け取ったメールは、ちゃんと残しておこう。

意外と簡単でした。

受付完了メールが届いたよ。

「調査期間は数か月にも及ぶ可能性がございます」という文言が気になりますし、実際、一向に返事は届きませんが何もしないよりかは全然いいかと。

とにかくこれを読んだら、早いところポイント付けてくんねぇかな。

追記(2019年3月23日)。

静かで長い戦いについに終止符が……。

待てど暮らせどげん玉からの返事が来ないため、もう一度、上の「ポイント調査窓口」から同じ要領で申請したものの返事は一向に届きません。

もうげん玉は駄目かな……、これでは皆にもおすすめできない、紹介するのも止めちゃおうかしらん、そんな風に思っていたところ、先日、2019年3月14日のホワイトデーに以下のようなメールが……!!

ウホッ!これは少し期待できるかも、そのような予感がしたものです。

それでもどうせまた結構待たされるんだろうなと思っていたところ、約一週間後の2019年3月22日、ついに以下のメールが送られてきたのです。

やりました!無効判定が有効判定に覆りました!

通帳にも無事、「有効」と「100,000R」(10,000円)の文字が……。私は戦いに勝利したのです。

正直いうとほぼ諦めていただけに嬉しい誤算です。げん玉のことも疑ってごめんなさい。今後ともどうぞよろしくお願いします。皆さんも安心してどんどんご利用くださいね。あのLINEポイントの交換レートが3%増量中です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA