モッピー経由GMOあおぞらネット銀行口座開設で1,500円+10,000円の錬金術に成功した件について

少し前に、ポイントサイトのモッピーを経由して「GMOあおぞらネット銀行」なる新しいネット銀行の口座を開設すると、1,500円分のポイントが手に入るというキャンペーンが開催されていました【現在は終了しています】。

ネット銀行口座の開設で1,000円を越えてくる案件はかなりお得で美味しい部類です。ジャパンネット銀行はわりと良くて1,000円台のこともありますが、普通はどこも数百円程度ですからね。

モッピーの最低交換額は300P(300円)なので、もらった1,500Pをそのまま新しく開設したGMOあおぞらネット銀行口座に入金することだってできますよ(同じGMO系列の会社が運営する、ポイントタウンなら、100円からリアルタイムで交換できるようになっているが)。

このキャンペーンがお得だったのは、GMOあおぞらネット銀行で外貨を購入し、口座開設翌月末の外貨預金残高が70,000円以上で10,000円、30,000円以上でも5,000円分の追加ボーナスポイントがもらえたことです。

記事タイトルのモッピー経由で計15,000円の錬金術に成功したとは要するにそういうことです。単純にこのキャンペーンに参加して条件をクリアし、無事承認されたので今回の記事を書いています。本当はこのお得なキャンペーンをやっている最中に教えたかったのですが……。

こうしたキャンペーンをするのもGMOあおぞらネット銀行は、ネット銀行としてはまだ出来たばかりというのが大きいでしょう。2016年にGMOインターネットと資本業務提携し、2018年6月にGMOあおぞらネット銀行に社名変更、そうして同7月にインターネット銀行事業を開始したばかりなのです。

ネット銀行に関しては、私はかなり早くから開設していて、ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行の三行のネット銀行口座を既に開設済みなのですが(もちろんこれらもポイントサイトを経由するとポイントが手に入る)、GMOあおぞらネット銀行は存在そのものを知りませんでした。

モッピーで初めて知ったというわけです。ポイントサイトはポイントがもらえるだけでなく、このように新しいサービスをいち早く知ることができるのも良いところですね。

げん玉から発行した、Yahoo!Japan(ワイジェイ)カードの時は、スクリーンショット(キャプチャ)を撮り忘れ、あまり詳しくやり方を書けなかったのですが、今回はちゃんとキャプっておいたので、これから開設してみようかな、という人に向けて、モッピー経由でGMOあおぞらネット銀行を開設する具体的なやり方をお教えしようと思います。

ちなみに今回私が利用した、お得なキャンペーンは終了していて、現在は口座開設で400PVisaデビットカード申込後に利用で1,300Pのいずれかとなっています。

このデビットカードは、口座開設時にあわせて申込をするのでどうせなら後者のデビットカード案件で申込んだ方が1,300Pもらえてお得かもしれません。どちらも手順は全く同じですからね。

ただし、このデビットカード案件は、申込の翌月末までに1回以上のショッピングで利用するまでがポイント獲得の条件となっています。

これにはまぁネットで利用してもいいですし、QUICPayやKyashなどに紐づけてコンビニなどのリアル店舗で軽いお買物をする方法もあるので問題ないかと。

モッピー経由、GMOあおぞらネット銀行の口座開設手順

モッピーへ行って、GMOあおぞらネット銀行口座の広告を見つける

まずは、モッピーに行って、GMOあおぞらネット銀行の広告を探します。

私が開設した時は、キャンペーン中だったのでモッピーを訪問した時点でデカデカした、GMOあおぞらネット銀行の広告バナーが飛び出してきたのですが、今は普通に検索窓から検索するのが手っ取り早いでしょう。

“GMO あおぞら”と入力、検索すると……、

見つかりましたね。

冒頭で述べたように現在は、口座開設で400Pしかもらえません。しかし、この画面でもう少し下にスクロールすると、Visaデビットカードの案件が出てくるのでそちらでやった方がお得になります。

翌月末までに1度でもショッピングに利用すると1,300Pもらえますからね。どちらもやることは一緒で、口座開設と同時にVisaデビットカードを発行することになりますからね。

広告の詳細とポイント獲得条件を確認

どちらも似たようなことが書かれていますが一応、目を通しておきましょう。

新規口座開設で1,500P(現在は、400Pか、デビットカード利用の1,300P)

GMOあおぞらネット銀行を初めて開設するだけで、1,500Pもらえるとのこと。冒頭で述べたように口座開設だけで1,500円はかなりお得です。

外貨預金残高70,000円以上で+10,000Pのボーナス、もしくは外貨預金残高30,000円以上で+5,000Pのボーナス(現在はこのボーナスはありません)

更にお得で美味しかったのは、この追加ボーナスです。

なんでも口座開設の翌月末時点で外貨預金の残高が70,000円以上で更に10,000P、30,000円でも5,000Pもらえるとか言うてるじゃないですか。

これにはもちろん、報酬の高い、前者の10,000Pを狙うことにしました。

最初は外貨預金なにそれ難しそうと思いましたがやってみると意外と簡単でしたよ。

理解したら「POINT GET!」ボタンをクリックしてGMOあおぞらネット銀行のサイトに飛ぼう


GMOあおぞらネット銀行のページ(これはPC版の画面)に遷移しました。

個人口座申込フォームの記入

「口座開設申込はこちら」をクリックすると、以下のような「個人口座申込フォーム」の画面が表示されます。


一見とても長ったらしく面倒くさそうに思えますが、ページはこの1ページのみで、これといって悩むような箇所はなくあっという間に終わりましたよ。

それでは一応、一つずつ潰していきましょうか。

住所氏名・生年月日・メルアド等


この辺はもういいですね。自分のことですからね。

職業・取引目的・居住地等


自分の職業を選択、取引目的はご自由に。居住地は殆どの人が日本のみでしょう。米国納税義務・外国の重要な公人のところは、殆どの人がデフォルトのまま(上を選択)。

カード情報


これが上で述べていた、Visaのデビットカードです。銀行のキャッシュカードと一体型の一枚二役です。

デビットカードとクレジットカードの大きな違いは、クレジットカードは利用した翌月などに後から遅れて請求されますが、デビットカードは、使ったその場で銀行口座から引き落とされる仕組みである点です。

要するにデビットカードの場合、銀行口座に預けてある残高がそのまま限度額になるというわけです。支払い回数も1回払いのみなので(リボ・分割払いはない)使いすぎの防止にもなります。それでいてクレジットカードのような審査はなく、手数料も維持費や年会費も一切かかりません。

名前はなんだかイカツイ感じなのでクレジットカードよりも敬遠されそうなイメージですが、実は利用者に優しい設計で、どちらかというとクレジットカードよりも、使いたい分だけチャージして使用する、プリペイドカードに近いですね。

私はデビットカードを一枚も持っていなかったので(と思ったら、ジャパンネット銀行のカードも途中でここと同じくキャッシュカードとデビットカードの一体型になったので既に持ってた)ついでに作れて良かったと思っています。GMOあおぞらネット銀行と連携していてすぐに使える点も便利ですね。

あとはもう「同意します」をチェックしてって


メールニュースの配信は、「希望しません」でいいんじゃないかな。GMO IDは、申込んでおくと何かと便利かもしれない。

入力内容の確認画面で「上記内容で申込む」をクリックで終了


上の画像ではガッキーのCMでお馴染みのGMOクリック証券口座のところが「申込みます」になっていますが(あれ、おかしいな)、ついでにGMOクリック証券口座を開設しておきたくとも、ここから申込むのは損です。

なぜかいうと、これ用の案件が別途用意されているからです。まぁ、200Pとかその程度ですけどね。

本人確認書類の提出

口座開設申込の受付が完了したら今度は、「本人確認書類を提出」しなくてはなりません。

と言っても、いまは昔のように郵送する必要がないのであっという間です。なんといっても私たちにはスマホがあるので、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類もスマホのカメラで撮ってすぐに送れるからです。

マイナンバーカードは、GMOあおぞらネット銀行口座の開設オンリーの人は、必要ありません(GMOクリック証券の開設時には必要)。

「表面アップロード」「裏面アップロード」とあるように表と裏の両面が必要なようです。

それぞれのボタンをクリックして、アップロードしたい写真を選択。私は画像のように、スマホで撮ったのをパソコンに送って(Googleドライブ経由で)パソコンからアップロードしました。スマホだけでも出来るでしょうが私はどうもこういう作業はパソコンでやる癖が付いてしまっています。

両面ともアップロードできたら、最後に「本人確認書類を提出する」をクリックしてく~ださい。

「本人確認書類の提出」が完了しました。

審査状況は「口座開設ナビ」でいつでも確認できる

GMOあおぞらネット銀行の口座開設を申込んだ時点で以下のようなメールが届くので、そこの「口座開設ナビ」をクリックして生年月日などを入力すればいつでも状況を確認できます。

クレジットカードと違って落とされるようなことはまずないですけどね。

モッピーからのポイントが無事に付与されました


11月26日に申込んで4日後の30日に確定するなんてかなり速いですね。

GMOあおぞらネット銀行で外貨の購入方法

追加ボーナスをもらうために外貨の購入にも挑戦したのでこちらの買い方も合わせて記載しておきます。

外貨預金って聞くとなんだか難しそうですが、なんのことはありません。円ではなく外貨で預けておく、すなわち、米(アメリカ)ドルなど自分の欲しい外貨を円で買っておけばいいだけです。

メニューの外貨⇒残高照会(新規購入・売却・新規積立)をクリックすると

購入できる外貨が表示されるので、米ドルなど、自分が買いたい(預金しときたい)通貨の「購入」ボタンを押します。

購入したい金額を入力して「上記規定に同意して確認へ」ボタンをクリック。

「購入」ボタンをクリックで購入完了です。

仮想通貨なみに簡単ですね!

外貨ですから、米ドルなど、自身が購入する外貨の価格が低い時に買って、価格が高い時に売るのがセオリーとなります。仮想通貨で言うところのモナコインなどの通貨の価格が低い(安い)時に買って、高くなったら売れば利益が出るのと同じですね。

円で考えると、円が強い時、つまり円高(円の価値が高い時=外貨の価値が低い時)で買って、円安(円の価値が低い時=外貨の価値が高い時)で売ればいいってことになります。また、FXなどと同様、売り(つまり「売却」ボタン)から始めることも出来るみたいです。

ただし、仮想通貨同様、利益が出ると税金がかかりますし、資金力がないと大して儲けが出ません。お金があったらあったでその分、リスクも大きくなります。私は仮想通貨の時のような想いだけはしたくはないのであまり乗り気ではありません。普通に円で貯金したいと思います。

モッピーからの追加ボーナスポイントが無事に付与されました


こちらの判定基準日は、口座開設申込(11月)の翌月(12月)末の時点のことですから少し時間がかかりましたが無事承認されています。

しかし、今思えば、ギリギリまで粘って購入すればよかったかなと思いますね。忘れないようになるべく早い段階で(翌月中旬あたり)購入しておいたのですがそのあと仮想通貨の価格のように日に日に下がっていくもんですから焦ったものです。おかげで4,000円ほどマイナスですからね。

購入した時期があまり良くなかったってのもあるでしょうが(ちょうど外貨を購入した頃から円高傾向になって行った)、申込翌月の最後の週に買って翌月初め(1月1日)に外貨預金の利子が付いた時点で売るのが正解でしたね。

まぁ、口座開設で1,500円に追加ボーナス6,000円(10,000円-4,000円)で、+7,500円の利益が出た上にこれだけ勉強にもなったし、こうして記事まで投稿できたのですから一石二鳥どころの騒ぎではないですけどね。

まとめ。

GMOあおぞらネット銀行は、お手軽簡単に外貨預金が出来たり、Visaデビットカードを同時に作れるなど、チャレンジ精神旺盛な新しい銀行でもあります。サイトも綺麗ですし個人的にお気に入りの銀行となりました。

今年もそのうち私が開設した時のようなお得なキャンペーンをやることがあるかもしれませんのでこの記事がその際の参考にでもなればと思っています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA