ちょびリッチポイントを【pring(プリン)】にリアルタイムで即交換してみました

ポイントサイトのポイントをリアルタイムで現金と即交換できることほど便利なことはありません。

使いたいその時にノンストップのリアルタイムで交換できたら、そのままノンストップで利用できますからね。金欠でどうしても今、お金が欲しいんだって人も多いと思いますし、私のように即PAT(インターネット競馬投票)を利用して口座に入れているお金が底をついた時などにも役立ってくれます。

リアルタイム入金に対応しているのは、楽天銀行のみ(例外、ポイントタウン経由、GMOあおぞらネット銀行)

ただ、現金との交換で、リアルタイムに入金してくれるのは、楽天銀行のみで、これに対応しているのはごく限られたサイトしかありません。しかも私が最もよくこの機能を使い重宝していた、お財布.comは、サービスを終了するという憂き目にあっています(姉妹サイトのモッピーが対応してくれたらな……)。

他に対応しているのは、今ではcolleeeくらいなものではないでしょうか(例外として、ポイントタウンは、同じGMOグループのGMOあおぞらネット銀行に限り、100円からリアルタイムで換金できるようになっているが)。

あとは、ポイントまとめサイトのPeXとGポイントも楽天銀行リアルタイム入金に対応しているので、これらのサイトを経由することでリアルタイムに交換する方法もあります。

ECナビ・ちょびリッチ・げん玉(RealPay経由)が前者のPeXルートが、モッピーが後者のGポイントルートが使えます(PeXやGポイントへの移行・交換もリアルタイムで行われる必要があり、これらのサイトはその条件を満たしている)。

ただし、Gポイントの場合、PeX同様、ポイントの移行・交換は無料ですが、実際に換金する際には、10%もの手数料を取られるのがなんとも痛いところです(PeXは、50円で済む)。

スマホ決済アプリのLINE Payやpring(プリン)、Pollet(ポレット)カードなど、ポイントサイトのポイントをリアルタイムで交換&キャッシュレス化してそのまま使える交換先が増えている

けれども、最近ではキャッシュレス化の波に乗って、このポイントサイト業界でも、スマホ決済アプリの雄、LINE Pay、そして、スマホ送金アプリのpring(プリン)に対応、どちらもリアルタイムで交換できるサイトが登場しているのです。

いつの間にか、ポイントサイトのポイントがキャッシュレスで使えるような時代に突入しているのです。もともとポイントサイトのポイントは、現金はもちろん、電子マネーやAmazonギフト券などほぼ何にでも交換できたのですが、時代の流れと変化に対応すべく、より自由度を上げて、よりパワーアップしているのです。

他にも、ポイントサイトのポイントをそのままチャージして決済までノンストップで行える、Pollet(ポレット)なる、ハピタスの関連会社と三井住友フィナンシャルグループがコラボして生まれた、VISAプリペイドカードなんかもありますからね(これのモッピーバージョンが、「POINT WALLET VISA PREPAID」)。チャージするたびに0.5%増えるので普通に現金と交換するよりお得だったりします。

ちょびリッチ、pring(プリン)への初回交換で200円もらえるキャンペーン開催中

現在はちょびリッチにて、pringへの初回交換で400pt(200円)もらえるキャンペーンが開催されており(2019年12月16日まで)、私もちょうど2,000pt(1,000円)貯まったところだったので(1,000ptから交換できるが)この機会に参加、交換してみた次第です。

よく考えたらこのキャンペーンは、記事投稿時点で終わっているが、ポイントインカムでも同じ内容のキャンペーンが行われているので(25日まで)参考までに……。

pring(プリン)とは?pring(プリン)の使えるところ

pring(プリン)は、チャット感覚でカンタンにお金を送りあえる、無料送金アプリです。

詳しくは、【pring】ポイントインカムの換金手数料を無料にする3つの方法【ジャパンネット銀行】という記事にも書いていますが、

pringの使えるところは、一言でいうと、お手軽カンタンでスピーディ、そして何をするにしても手数料がかからないことです。

  • 基本的なやり取りは、リアルタイム&手数料無料
  • ポイントサイトからの交換もリアルタイム&手数料無料
  • 自分の銀行口座に戻すことも、現金として引き出すことも無料
  • 決済アプリとして、お店での支払いにも使うことが出来る
  • シンプルな見た目で直感操作で扱いやすい

基本的なやり取りは、リアルタイム&手数料無料

pringの送金やチャージは、リアルタイムでその際の手数料は無料です(楽天銀行など銀行によっては、1日のうち2回目以降のチャージは手数料がかかることもあるが)。

家族や友人に気軽にお金を送ったり、もらったりするのにも便利で、pringをインストールして繋がっていれば、いちいち会いに行ったり、わざわざ銀行から下ろしたりする手間もお金も一切かかりません。非常にスムーズに事が行われます。

ポイントサイトからの交換もリアルタイム&手数料無料

送金はもちろん、pringにチャージするのもリアルタイム&手数料無料ということからも分かるように、ポイントサイトからの交換も基本的にリアルタイムで、手数料もかかりません。

現在、pringとの交換に対応しているポイントサイトは、ちょびリッチポイントインカム・ワラウの3サイトで、どのサイトからもすぐに交換(チャージ)できますし(インカムに関しては、祝日に申請すると翌日入金になるが)、その際の手数料もかかりません(ちなみにこの3サイトは、上にあげた、Polletカードにも対応している)。

自分の銀行口座に戻すことも、現金として引き出すことも無料

自分の口座に戻す場合、LINE Payだとか他のスマホ決済アプリの場合、100円以上の手数料が発生します。しかし、pringならこれさえも無料なのです。

しかも、多くの場合、平日の11時までに申し込めばその日のうちに(15時まで)振り込んでくれます(銀行によれば、月に複数回の利用で手数料がかかる場合がある)。

更にはまた、全国のセブン銀行ATMで1日1回まで、これまた手数料無料で現金を引き出すことも出来ちゃいます。pringを使えば、今まで銀行やATMでお金を引き出す時に無駄に取られていた出金手数料を無料に出来るというわけです。

決済アプリとして、お店での支払いにも使うことが出来る

pringはまた、LINE PayやPayPayのように、スマホのQRコード決済にも対応しています。対応店舗はまだまだ少ないですが、コンビニではファミリーマートで使えるようになっています。

シンプルな見た目で直感操作で扱いやすい

pringは、他の決済アプリのように何やらごちゃごちゃしておらず、非常にシンプルで分かりやすい見た目をしています。

これなら、この手のアプリが初めての人でも迷うことなくスムーズに使えると思います。pringのことを褒めてばかりですが個人的に気に入っているだけで、別にpringの回し者ではありません。

pringへの交換方法と手順

まずは、pringをダウンロード

まずは、pringをダウンロードしておく必要がありますが、直接、App StoreやGoogle Playには行かずに、ちょびリッチに行くと良いことがあります。


なんと、実はこちらも只今、キャンペーン中でして、pringのアプリをダウンロード後に銀行口座を登録(連携)すると、別途200円分のポイントがもらえちゃいます(私は、インカムで以前やったのでもうもらえない)。見つからない時は、スマホ版ちょびリッチの検索窓から「pring」で検索してみよう。

ポイント交換先からpringを選択

スマホ版ちょびリッチの場合、画面右上の「アカウント」から「ポイント交換」を選択すると、交換先一覧ページが表示されるので、そこにある「pring」をタップ(パソコン版は上部メニューの一番右「ポイント交換所」から行ける)。

交換申込みをする

交換先の「pring」についての簡単な説明ページに行くので

そのページを下にスクロールしたところにある「交換申込みする」ボタンをタップ。

秘密の質問を聞かれるのでそれに答えて「交換申請ページ」へ。

交換するポイント数・電話番号・誕生日を選択、入力。次の確認ページを見て間違いないなら「ポイント交換申請」ボタンをタップ。

「交換申請完了」しました。

すぐに受取も完了

深夜に申請してすぐに入金されましたよ。

私のpringの取引履歴はこんな感じ。相変わらず、ポイントサイトしかお友達はいません!

ちょびリッチポイントを【pring(プリン)】にリアルタイムで即交換まとめ

pringは、ポイントをすぐにでも現金と交換したい人には、特におすすめです。手数料も無料ですからね。

楽天銀行などのネット銀行に負けている点を挙げるとすれば、まだまだ決済には使いづらい点ですかね。友人などにすぐ送金することは出来ても、リアルで使える店舗はまだまだ少ないですし、ネットでpringのオンライン決済に対応しているサイトも現在は皆無に近い状況です。pringには、リアルタイムで交換できるもののすぐに使えるような場面はまだまだ限られているのです。

このため、これまた楽天銀行など、自分がpringに登録しているネット銀行口座に出金というか現金を移してからそのネット銀行経由でネットショッピングなどをしようと試みるわけですが、pringの場合、あくまで平日の11時までに申請しないとその日のうちに銀行に出金できません。これでは使いたい時にすぐには使えないわけです(一応、セブン銀行ATMで現金として下せるがいちいちコンビニへ行かなくてはならない)。

片や楽天銀行は、いつでもリアルタイムで入金してくれますし、ネットでも土日祝日問わず24時間365日すぐに使えます。だから土日に開催される、競馬の即PATと相性抜群なのです(上で述べているようにポイントタウンなら、GMOあおぞらネット銀行にリアルタイムで入金してくれるがここは即PATの指定銀行口座ではない上にペイジーにも対応していないためこの用途には使いづらい。そのうち対応してくれるかもだが)。

まぁ今後はこの辺も改善されるとは思いますけどね。すぐに送金できる特性を活かせば、ネットでもすぐに使えるようになるはずです。

ちなみにちょびリッチは、ポイントタウン、げん玉と共にスマホ決済アプリのLINE Payにも対応しています。こちらもリアルタイムに交換できますし、pringよりも決済能力が高く使える場面が多いので今後は重宝しそうですね。

また、これらポイントサイトで貯めたポイントのみをLINE Payやpring、Polletやらと交換、それで決済するようにすれば、リアルマネーには一切、手を付けない、夢のキャッシュレス生活に突入することが可能です。お金を遣っているはずなのに現金は全く減らないのです。その月のお給料が現金のまま、まるまる残っちゃうのです。これぞポイントサイトを中心とした、新時代の最高の節約術であります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA