Gポイントの長所・短所と、一押しコンテンツ、Gポイントくじについて

gkujitop
Gポイントが力を入れている目玉コンテンツ、
Gポイントくじは、毎日最高1,000G(1,000円)がアタル、
おすすめのポイント獲得コンテンツです。

Gポイントの良いところ(長所)

Gポイントは、モッピーを中心とする株式会社セレスの3サイトちょびリッチ同様、無料でこつこつ地道にポイントを貯めて行きたい人に特におすすめのポイントサイトです。

こつこつ派におすすめの理由

  • 各ポイントサイト共通のミニゲームを殆ど全て導入
  • Gポイント自体、クリックなどのポイント獲得機会が多い
  • 業界でお馴染みのすごろくゲームもポイントを獲得しやすい

各ポイントサイト共通のミニゲームを殆ど全て導入
各ポイントサイト共通のミニゲームとは例えば、ポイントタウンの運営、GMOメディア提供の「戦国!姫のお宝さがし」や「ベジモンレース」に、「リーグオブジュエル」などの山分けゲーム、ちょびリッチの関連会社(株式会社アップカレント)が手がける、「もぐらたたきゲーム」「絵合わせパズル」「ジャッジゲーム」(他スマホ版にもいろいろある)、フルーツメールのアイブリッジ社の「脳トレゲーム」などで、

他の多くのポイントサイトでも取り入れられ、まったく同じものを遊べるわけですがその数はここGポイントとフルーツメールが最も多く、さらにGポイントは1P=1円と等価レートなので「戦国!姫のお宝さがし」など、他サイトよりもお得になる場合が多いのです(宝箱に1P入っていたらそのまま1円、1P=0.1円のサイトなら0.1円なので)。

これらは時間がかかって面倒なものが多い割にポイントはあまり期待できませんが、新しく追加された、「ゴールドラッシュ」(株式会社アップカレント提供)に「きょうの脳年齢チェック」(株式会社CMサイト提供)の2つは毎日ヘビーローテーションするのにおすすめです。

「ゴールドラッシュ」は、日に数円~10円(最近はそない期待できないが)、「きょうの脳年齢チェック」は、1日3回参加で必ず3円獲得できるからです。

「ゴールドラッシュ」は時間がかかりますが、「きょうの脳年齢チェック」は、1回5種類のゲームを消化しなくてはならないものの1ゲームにかかる時間は数秒で、判断力、計算力、記憶力に関する「脳を鍛える大人のDSトレーニング」のような、頭を使ったゲームが無料で楽しめます(ゲームの種類は毎日変わり、新しいものが随時追加される)。ゲーム終了時には毎回、今日の脳年齢が表示されるので、より若い脳年齢を目指そうと頑張れますね。

ちなみに「ゴールドラッシュ」は、現在は株式会社セレスの3サイト(モッピー、モバトク、お財布.com)でも遊べます。Gポイントはスタンプ9個で1P(円)ですが、モバトクはスタンプ数=ポイント数(10個で1円)、モッピーはスタンプ6個で1P、お財布.comは5個で1P(コイン)ですから効率の面ではお財布が一番おすすめになります。「きょうの脳年齢チェック」は、ライフメディアやCMサイト、GetMoney!などでも遊べますが、ここGポイントとライフメディアだけが1回1円と単価が良くてお得です。

Gポイント自体、クリックなどのポイント獲得機会が多い
デイリーチャンスなど広告バナークリックで毎日ポイントを獲得できるチャンスが多く(ハズレがあるのが玉に瑕)、上で述べたように1P=1円の等価レートなので効率の面でもおすすめです。

業界でお馴染みのすごろくゲームもポイントを獲得しやすい
これはビンゴやすごろくゲームでランキング上位に入るためにやっておくべきことでも述べている通りで、ここのすごろくゲーム(GポイントクエストⅡ)はモバトク同様、他サイトのすごろくゲームよりもポイントを獲得しやすい傾向にあります。

Gポイントのイケてないところ(短所)

換金手数料が唯一の従量制

Gポイントのイマイチなところ、それは現金と交換する際の手数料がPTS48グループ唯一の従量制であることです(業界全体では他にエルネもそう)。他のポイントサイトは高くても100円などと予め決まっていて(定額制)換金額がいくらになろうと変わらず手数料は100円のままですが、Gポイントの場合は、消費税のように交換ポイントの20%を常にもぎ取られてしまうのです。

たとえば、500円を換金する場合その20%ですから100円引かれて、実際に手にできるのは400円、1,000円ならこれが200円にUPし(20%ですから)、手にするのは800円になってしまいまぁす。いくら一生懸命こつこつ貯めてもこんだけ持っていかれると痛いですよね。

電子マネーやAmazon&iTunesギフトコードなら大丈夫

けれども、電子マネーに関しては一部を除き手数料をとられません。
特にAmazon&iTunesギフトコードは手数料がかからない上に、490G=500円分から交換できてお得です(現在Amazonは100円から交換可能)。なのでこれらと交換したい人には最もおすすめできるかもしれません。

Gポイントの一押しコンテンツ、Gポイントくじ

Gポイントの一押しコンテンツは、
今回紹介する、新しくなったGポイントくじです。

以前は、スマホ限定コンテンツで毎週月曜日に開催されるものでしたが、
現在はリニューアルされてスマホだけでなくパソコンからも、
毎週ではなく毎日挑戦できる
ようになっています。
しかも、これはその場ですぐに結果が出るのが嬉しい。

くじ券の入手方法

Gポイントくじに参加するにはくじ券が必要ですが
これはスマホの「毎日タダでもらう」に参加すれば
無料でも毎日1枚は確実に手に入るようになっています。

gpointtadag
ランダムで毎日変わる5つのコンテンツにアクセスして
全てが”済”マークになると1枚ゲットです。

“デイリースマチャレ”に関してはアクセス後、一番下の方にある広告バナーをクリックしなければ(当たりが出ると1Gもらえる)済にはなりませんが、他はとりあえずアクセスすれば”済”になったはずです。偶にコンテンツが表示されない時があります。その場合は、リロード(再読み込み)するか、cookieを削除するか、ブラウザを変えて再度アクセスしてみてください。

その他、楽天市場など提携ショッピングサイトでお買い物をしたり(3~10枚)アプリダウンロード(1件1枚ずつ)、お友達を紹介すること(1人5枚)でももらえますよ。

Gポイントの場合、お友達が90日以内に100Gを貯めないと
紹介報酬である300Gは手に入りません(お友達も100Gもらえない)。
けれどもくじ券は、100G貯めた時点ではなく、
お友達を紹介した時点で5枚ももらえるので、これは敷居が低いですし、
コンスタントに紹介できればくじ券がかなりもらえてお得です。

※くじ券には配布された日から30日間の有効期限があります。

Gポイントくじの参加方法(PC版)

gpointkujitop
くじ券の枚数を選択後、”くじ券をつかう”ボタンをクリック。くじ券は1日1枚から最大10枚まで使用可能です。

gkujigaragara
ガラガラを回します。”ストップ”ボタンを押すと赤玉が出てきます。ちなみにくじ券を何枚使用しても回すのは一回だけで以下のようにまとめて結果が出ます。

kujikekka
今回は非常にしょぼい結果でしたね。このようにハズレもあって、当たっても殆どが5等の1Gか4等の5Gですがごく偶に3等の10Gが出ますし、私の場合2等の100Gが一度だけ出たことがあります。

おまとめ

いかがだったでしょうか、Gポイント及びGポイントくじの良さは伝わったかな。あまり自信はないですが頑張って記事にしてみました(くじをやっててこいつはなかなか良い、どうにかくじ券をたんまりもらって毎日のように10回まわせないものか、と企んだだけだが)。

Gポイントくじは、すぐに結果を知ることができるのが良いところ(皆だってそうだろ?すぐにほちいんでしょ?分かってるって)。これなら毎日ワクワクしながら続けられます(10枚、貯め込んでから一気にまとめて使うのが一番だけどね!有効期限切れには注意してください)。ポイントサイトと言うのは、こういうワクワク感が一番大事なのではないかと思いますね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA