どのサイトの会員ランク(ステータス)制度が一番お得なの!?それぞれの違いと特徴を比較

ポイントサイト中には、会員ランク(ステータス)と呼ばれる優待特典制度を設けているサイトがいくつか存在します。

この会員ランクはサイト内でお買い物や広告サービスを利用すればするほどに上げることが出来ます。ランクを上げるとどうなるかと申しますと、お買い物や広告サービスの利用で得たポイントに数%~10数%のボーナスが付いたり、交換手数料が無料になるなどの恩恵を受けることが出来ます。

ただし、こうした特典が適用される範囲は各サイトごとに異なり、ハピタスのようにボーナスは最大数%と低いもののその対象が広く、お買い物だけでなく広告サービス全般に付くタイプと、ポイントタウンやちょびリッチのようにボーナスは最大10%以上と高いものの対象が狭く、広告サービスのうちお買い物で得たポイント等に加算されるタイプに分かれています。

このページでは、特にお得な制度のある、ハピタスポイントタウンポイントインカム予想ネットちょびリッチの5サイトの会員ランクを比較、それぞれの違いと特徴を見てみたいと思います。

これら5つのサイトは、もともとお買い物や広告案件の利用に適した、還元率の高いサイトなので普通に利用していても充分お得なのですが会員ランクを上げると更にお得さが増しますよ。

ハピタスの会員ランク制度

ランク特典とボーナスポイント


最高ランクのゴールドになると2%のボーナスポイントが付きます。

ランクボーナスの対象となるポイント

どのポイントに対してボーナスが付くのか、実はこれが重要な要素です。ボーナスポイントが高いだけでは本当のお得さは見極められません。

2%という数字だけを見るとしょぼそうですが、このボーナスポイントの対象は、前月に「広告利用」および「アンケートひろば」で獲得したポイントです。

ハピタスの場合はお買い物だけでなく、会員登録やクレジットカードの発行といった、広告利用で貯めたポイントにも、ボーナスポイントが付くということですね。他のサイトのように対象外になる広告案件がないのが強みです。

ランクアップの条件


過去半年間の間に行った、広告利用が昇格および降格の対象です。広告を利用して有効判定が出てからスタートとなります。

他と違ってお得なのは、ハピタスの場合、なぜかCM動画視聴(ハピタス動画) やAmazonでのお買い物(ポイントの還元はされないが)も広告利用回数に含まれる点です。このため、ゴールド会員に昇格・維持する条件は比較的ゆるく、そう難しいことではありません⇒残念ながらハピタス動画がサービスを終了したため、少し苦しくなっています。また何か裏ワザを見つけたら記載予定です。

ポイントタウンの会員ランク制度

ランク特典とボーナス


最高ランクのプラチナ会員で15%とPTS48グループ最高の数字をたたき出しています。更にポイントタウンでは、このプラチナ会員を半年間継続すると、「大当たり(12,000pt)」か「当たり(2,000pt)」のいずれかが必ず当たる「プレミアムガチャ」を引ける特典も用意されています(7カ月目を迎えるごとに一度ひける)。

ランクボーナスの対象となるポイント

「お買い物」「アプリダウンロード」「ポイントタウンリサーチ(アンケートのみ)」この3つのサービスに限られます。ハピタスと違い、ポイントサイトのメインとも言える、会員登録やカード発行といった、広告サービスを利用してもボーナスは付かない(ランクアップ条件の対象ではあるが)のが歯がゆいところです。

ランクアップの条件


ハピタス同様、過去半年間の広告利用実績に応じて決定されます。ハピタスと違って、CM動画視聴は広告利用と見なされませんし、承認回数と獲得ポイントの両方を満たす必要がありますが(ハピタスはどちらか一方で良い)、数字的にはどちらもハピタスよりも低くなっています(3,000ptと言ってもここは20pt=1円なので実質150円分でいい)。

ポイントインカムの会員ランク制度

ランク特典とボーナス

一般会員……+0%
シルバー会員……+2%
ゴールド会員……+5%
プラチナ会員……+7%

ランクボーナスの対象となるポイント

サービスの利用で追加されるポイントです。サービスの利用ですからお買い物と広告案件の利用の両方が含まれます。

ただし、一部ボーナス対象外のサービスもあります。

ランクアップの条件


ハピタスとタウンと大きく異なるのは、一度ランクを上げると二度と下がらない、すなわちプラチナ会員にまで上げると一生プラチナ会員をキープできる点です。

ハピタスとタウンは過去半年間というランク決定までの期間が設けられており、期間内に条件を満たさないとランクダウンしてしまいますが、インカムのような永久会員ランクですと期間という概念そのものが必要ありません。

ここインカムの場合、今まで広告利用で貯めた累計獲得ポイントを見ればいいだけですので期間を気にせず自分のペースでランクを上げられます。表を見ても非常にシンプルで分かりやすいですね。

ちなみに私は未だ、シルバー会員です。

会員ランクによってポ太郎の絵も変わる点がユニークです。

予想ネットの会員ランク制度

ランク特典とボーナス


シルバー会員で+5%、ゴールド会員で+10%です。最低交換額と手数料が下がるなどのメリットもありますが現在はドットマネーに300円から手数料無料で移行できるためこれらのメリットは薄れています。

ランクボーナスの対象となるポイント

インカム同様、広告サイト参加報酬の部分です。インカムのように対象外となる広告もありますが予想ネットの最高ランク(ゴールド)の方が+3%分、強力になっています。

ランクアップの条件

シルバー会員

  • 対象スポンサーサイト(広告案件)に5件以上参加
  • 「ふやす」の予想問題に5問以上参加
  • 登録内容変更で追加情報を入力

ゴールド会員

  • 予想ネットに入会後90日以上経過
  • 対象スポンサーサイトに20件以上参加
  • 登録内容変更で追加情報を入力

予想ネットとポイントインカムの会員ランクはよく似ていて、どちらも一度ランクを上げると二度と下がらない、永久会員ランク制度を採用しています。

しかも予想ネットの場合、ランクアップするのに有効ポイントは関係なく、ほぼ案件の参加件数だけでいいのですから4つの中で条件が最がゆるく、簡単にゴールド会員にまで昇格できちゃいます。さらに特典ボーナスもゴールド会員で+10%なんですからお得すぎます。

なんてことを言いつつ、私は未だにシルバー会員なんですけどね。

ちょびリッチの会員ランク制度

ランク特典とボーナス


ちょびリッチの会員ランクは、2017年12月4日にリリースされたばかりで、後発だけに他サイトの会員ランクの良いとこ取りをしたようなものに仕上がっていると感じます。ご覧のように会員ランクの種類といい、加算されるボーナスポイント数といい、ポイントタウンのそれと非常によく似ています。ちょびリッチの方がタウンよりも分かりやすくまとまっていていいですね。


プラチナランク会員に限り、上記交換先にポイントを交換すると交換先に応じた「ランクボーナス」ポイントが加算されます。

ランクボーナスの対象となるポイント

ポイントタウンと大きく異なるのは、ちょびリッチの場合、「お買い物」「アプリダウンロード」「アンケート」の3つに加えて「ちょびリッチモニター」で獲得したポイントもその対象になっていること、更には「お買い物」に100%還元商品や旅行予約も含まれることです。ポイントタウンの会員ランクがパワーアップされた形ですね。

ちょびリッチモニターとは、別名、リアル通販モニターと呼ばれ、商品購入(化粧品など)やサービス体験(飲食店でのお食事など)で最大100%還元されるサービスです。こういうのは、他のサイトにもありますし還元率も同じですが100%還元のものがちょびリッチの場合、最大115%と実質無料以上になる点は見逃せません。

ただし、この中の店頭購入モニターである「ちょびリッチ×テンタメ!」と「ちょびリッチ×レシポ!」で獲得したポイント、ゲームコンテンツの「ちょびリッチすごろく」から参加したお買い物ポイントは、増量ボーナスの対象外ですので注意してください。

ランクアップの条件


ランクアップは、過去半年間の広告利用実績に応じて決定されますが、条件はポイントタウンというよりもそれよりも敷居の低い、ハピタスの方に似ています。

なぜならポイントタウンの場合、広告利用回数と獲得ポイントの両方を満たす必要がありますがちょびリッチは、ハピタス同様、どちらか一方を満たせばいいだけになっているからです(ただし、「ちょびリッチすごろく」での広告利用、「アプリダウンロード」は対象外)。

更にちょびリッチの場合、ちょびリッチに入会してから1年以上経過している人で、一度でもプラチナランクに昇格した人は、ゴールドランク以下には下がらないという、ポイントインカムや予想ネットのような永久保証制度までちゃっかり取り入れています。最高ランクのプラチナをキープできるわけではないですが、生涯ゴールド以上が確定するのはバンテリン並みに有利です。

まとめコメント。

ポイントタウンの15%は一見すごそうですが、ボーナスの対象がお買い物・アプリ・アンケートだけですので意外と大したことがないことが分かります。そもそもお買い物やアプリ、アンケートでもらえるポイントなどたかが知れていますからね(特にタウンのアンケートなんて死ぬほどサービスが悪くてやるだけ時間の無駄でしかないレベル)。

たとえば、楽天市場はどのサイトも最高で1%還元ですから10,000円のお買い物をしても100円分のポイントしか付きません。これに15%のボーナスを付けても、115円ですよ。だからこそ高めのボーナスポイントを設定できるわけですね。

お買い物をよくする人には良いですが(楽天と違って還元率の高いショッピングサイトもあるし)カード発行などの高額案件を利用してもボーナスが付かない点は痛い(まぁボーナスというよりも通常利用時に付与されるポイント数が重要だがタウンはこれも弱い)。ポイントタウンは、レートにしても20ptで1円とややこしく、数字の大きさでお得に感じさせようという魂胆が透けて見えますね。こうした手法は、楽天市場なんかに似ています。

ちょびリッチはこれをパワーアップさせたものです。カード案件などには相変わらず付きませんが、お買い物の100%還元案件やモニターにもポイントが付くなどボーナスの対象範囲が広がっています。楽天市場でお買い物するならどのお小遣いサイトが一番お得で美味しいの?で述べているようにちょびリッチの場合、楽天市場で最大50%還元される、高還元ショップコーナーもあるのでここを利用するとより一層お得になります。

ハピタスは2%と言えども、お買い物だけでなく全ての広告に対してボーナスが付くのですから場合によっては最も強力になります(もともとの還元ポイントも高いことが多い上に、キャンペーン中の高額案件ならより一層お得に)。ポイントタウンと違って、100%還元商品にも付きますからね。

予想ネットとポイントインカムの会員ランクは、一度上げれば永遠に下がらないためランクを維持しようとあれこれ頑張る必要がなくなるところが魅力的ですし、何よりボーナスポイントが高く、お買い物だけでなく他の広告案件にもボーナスが付く点がお得です。

以上をまとめると、お買い物をよくする人はポイントタウンかちょびリッチ、お買い物はそうしないけど案件はよく利用するよ、なんて人はハピタスをメインとしたそれ以外の3サイトで、更に会員ランクを維持するのが面倒でそういうのを考えることなく腰を据えて一つのサイトを利用し続けたい人は、予想ネットかポイントインカムの二択になるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA