【pring】ポイントインカムの換金手数料を無料にする3つの方法【ジャパンネット銀行】

ポイントインカムは、いろんな場面でボーナスポイントの手に入る、お得なポイントサイトとして、いまや「インスタ」等での「ポイ活(ポイント活動)」でも1、2位を争う人気の高さになっています。

そんなポイントインカムの弱点を挙げるとすれば、現金と交換する際、手数料をそこそこ取られてしまうことですかね。

そこで今回はポイントインカムで貯めたポイントを手数料無料で現金化する方法を考えてみたいと思います。

1.ネット銀行口座は、ジャパンネット銀行一択

理由は簡単、ポイントインカムで現金と交換する場合、楽天銀行は50円、ゆうちょ銀行は100円、その他の銀行は160円以上の手数料を取られてしまいますが、

ジャパンネット銀行なら1,000円以上の交換唯一無料だからです。

1,000円と言えば、換金完了後のお楽しみ「インカムキャッチャー」に挑戦できる金額ですからちょうどいいと思います。ジャパンネット銀行ですと手数料を取られるどころか「インカムキャッチャー」でプラスになって返ってくるわけですね。

ジャパンネット銀行口座を持っていない人は、インカムから開設すれば更にポイントが手に入ってお得です。

ジャパンネット銀行は、ネット銀行口座ではもらえるポイントが最も高い広告案件ですし(楽天銀行などは数百円)、開設したらしたで他のポイントサイトの交換先としても重宝すること請け合いです(手数料が最も安いことも多い)。

私は15年以上前から愛用していますが、ネットのお買物はもちろん、即PAT(JRAインターネット競馬投票)の指定口座としても登録していますし、今では、LINE PayやPayPayなどのスマホ決済アプリの支払い口座にも指定するなど、メインで大活躍してくれていますよ。

2.ポイント交換サイトならドットマネー

PeXやGポイント、ドットマネーといった、ポイント交換サイトを経由する方法もあります。

PeXとGポイントは、手数料を取られますが、ドットマネー全ての交換先の手数料が無料です。

ただし、こちらも交換できるのは、1,000円からとなります。

まぁ言うても、PeXの手数料は50円ですから多くのサイトをここにまとめて一気に換金すればそこまで気にならない額ですし、Gポイントは交換額の10%もの手数料を取られますが、対象の広告を利用することで手数料が戻ってくる、交換手数料還元サービスがあったりしますけどね。ちなみにPeXとGポイントには500円から交換できます。

3.pring(プリン)にチャージすればいいじゃん!

ポイントインカムとちょびリッチの2サイトには、交換先にpring(プリン)があります(そのうち他のサイトにも追加されそうではある)。

pring(プリン)は、メッセージ感覚でお金を送ったり、もらったり、払うことのできる、無料送金アプリです。

ネットの掲示板でこれの招待コードがよく張られているので、かえって怪しいとかイメージを損なっている気がしますが、みずほ銀行や伊藤忠商事などの一流企業が主要株主になっている、安心・安全なアプリです。

トップページを見ても分かるように非常にシンプルで洗練されていて操作も簡単で無駄がありません。
出来ることはこの1ページに全て集約されていてここからワンタップで全ての操作が行える。

「おくる」と「もらう」は、個人間でやり取りするのに便利です。

僕ちんはプリンちゃんしかお友達がいませんけどね……。

「はらう」はLINE PayやPayPayなどのスマホ決済アプリ同様、リアル店舗で店員さんに見せて支払うための、QRコード/バーコードです。
ただし、対応店舗数はまだまだ少ない。これから増えてくれるといいけど……。

右下のメニュー「チャージする」では、登録した銀行口座から入金できます。私はここにジャパンネット銀行を登録しています。オートチャージを設定することも出来ます。右にスクロールすると更に口座を追加できます。

左下のメニュー「お金をおろす」からは、セブン銀行のATMで1,000円から1日1回まで手数料無料で出金できます。

更にこの画面で右にスクロールすると「口座に戻す」ってのが出てくるのでここから自分が登録している銀行口座に手数料無料で出金できるようになっていましゅ。

pringの凄いところは、1円単位ですぐに相手に送金できること、そうして1円単位で自分の銀行口座に戻せることです。しかもその際の出金手数料も無料なのです。

他社の似たようなアプリ、たとえばLINE Payなんかは、口座に戻すのに216円も手数料がかかりますからね。

このため、ジャパンネット銀行口座をまだ作っていない人でもpringを経由すれば手数料無料で現金化できますし、手数料を少しでも安くしようとPeXなどのポイント交換サイトにわざわざ登録する必要もなくなります。

ちなみにポイントインカム経由でpringをインストールすると、150円分のポイントがもらえて更にお得だったりします。

パソコン版で検索しても出てきません。スマホ版のインカムの検索窓に”pring”を入力して検索してみてください。ちょびリッチにもあります。

インカムからpringに交換(チャージ)する際は、電話番号を入力します。
間違えると返却できないようなのでくれぐれも注意してください。銀行口座も先に登録しておきましょう。

pringにチャージ完了までインカムは2日ほどかかりますが、ちょびリッチならリアルタイムで交換可能です。

まとめ

まとめると、ポイントインカムで貯めたポイントを手数料無料で現金化したいなら、ジャパンネット銀行口座を持っていれば問題解決するということです。

現在は私も最近、モッピーから開設したばかりのGMOあおぞらネット銀行同様、キャッシュカードがデビットカードと一体型になるなど更に使い勝手と魅力が向上、独自のワンタイムパスワードでセキュリティ面も万全です。

ジャパンネット銀行口座をまだ作っていないなら、インカムから開設すると1,000円分以上のポイントがもらえてよりお得です。

他の銀行口座で良いやと言う人は、ポイント交換所のドットマネーを経由する。

それも面倒なら最終的にpringを使うという選択肢もあるというか、最初からpringオンリーでも良いのかな、と。まぁいずれにせよ、銀行口座は必要ですけどね。

pringちゃんは、使い方も見た目もシンプルでお洒落ですし、何より便利なのでインストールしておいて損はしませんよ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA