何もしなくても自動的にポイントが貯まる、げん玉の「ポイント利息」の概要と注意事項

ポイントサイトは、ブログやサイトなどの宣伝媒体を使い、お友達を紹介するシステムを作ることで不労所得を生み出すツールにも化けますが、げん玉(正確にはCROWD、REALWORLDを含めた、リアルワールドのサービス)には、本当に何もしなくても自動的にポイントを増やせる、「ポイント利息」と言う夢のようなサービスがあります。

ポイント利息とは?

graph01
現在、所持しているポイントに対して年利約1%相当のポイントが自動的に付与されるという銀行の利息のようなサービスのことです。

graph02
上の画像にあるように銀行の普通預金や定期預金と違うのは、これといった期間は設けられず、利息の支払は毎月で、年利は1%相当と高い点です。

年利1%相当と書いてあるのに現在の利率は0.083%となっているので随分さがってしまったんだ、もう使えないなぁと思うかもしれません。しかし、0.083%と言うのはあくまで月利ですからこれに12カ月分をかけると、0.083×12で0.996%となります。ですから現在も年利約1%をキープしていると言うわけです。

ポイント利息を得るための条件は?

毎月10日時点で、100P(10円)以上のポイントを所持していることだけで、特に何かをする必要はありません。所持ポイントに応じた利息が毎月10日に自動的に付与されます。

ポイント利息とプチ得の比較

実を言いますと少し前まで、ライフメディアに「プチ得ポイントサービス」なる似たようなサービスがあったのです。正直この「プチ得」があるがために私はライフメディアにへそくりを貯め込んでいたのでそれが終了すると言うニュースを聞いた時はひどく落ち込みましたよ。

しかし、なんとげん玉を運営する、リアルワールドが似たようなサービスを始めてくれたので本当に助かったと同時にこいつはもしかするとよりいいかもしれん、とニヤリとしてしまいましたよねぇ。

なぜならげん玉の方がポイントが貯まりやすい環境にあるからで実際、ライフメディアで貯まっているへそくりよりもげん玉の方が随分、多かったからです。しかも内容的にそう変わらないだけでなく、条件も優しくなっているのです。

たとえば、「プチ得」は、所持ポイントに「0.25%」のサービスポイントが年4回付くサービスでしたが「ポイント利息」は、「0.083%(2016年4月時点)」が毎月付くようになっています。さらに「プチ得」は、2,000円分以上の所持ポイントが必要だったのに対し、「ポイント利息」は上で述べたように100P、つまり10円分で良いのです。

管理人のポイント利息獲得履歴

現在、私はげん玉に約3万円分のへそくりが貯まっているのですが、
ご覧のように毎月、何もせずともポイントが付与されています。
2017-01-02
何もしていないのにポイントに利息が付いて、毎月コンスタントに増えているのがお分かりいただけるでしょう。200Rは円換算で20円ですので毎月20円以上の不労所得を得ているのと同じことです。

私はこのままげん玉にポイントを貯め込み続けます。そうして100万円分のポイントにするのが当面の目標で、そこまで行けば以降、何もせずとも毎月約1,000円の不労所得が手に入る計算になります(そうなる前にサービスが終了しているかもしれんが)。

ポイント利息の注意点

「ポイント利息」は、保有ポイントが多ければおおいほど利息で得られるポイント数も多くなるため、私のように大量にポイントを貯め込むことを目論む人も多くなると思います。実際このサービスは所持ポイントが増えればふえるほどワクワクしてくる私のようなタイプとの相性は抜群でしょう。

ポイントを貯め込む人が増えれば、げん玉としては当面の間ポイントを支払わなくて済みます。貯めたポイントをある時、一斉に換金されたらたまりませんが、良く考えるとライフメディアとは違い、げん玉には、1日1万円までの換金制限があるので問題ありません。

けれどもポイントを貯める側の私たちには、注意しなければならないことが一点だけあります。それは所持ポイントの有効期限です。げん玉の場合、これが180日(半年)となっており、その間にアクション(広告案件の利用等)がなければ、ポイントが失効されてしまうのです。

ここまでは普通です、なぜならこれは他のポイントサイトでも大抵そうだからです。しかし、げん玉の場合、さらに注意しなければならないのがこのアクションにポイントの森の☆やメールのクリックポイントが含まれていない点です。

他サイトはログインしたり、クリックやミニゲームで1Pでも獲得すれば良いなど比較的条件がゆるく、有効期限などあってないようなもので、普段からさほど気にしなくていいのですが、げん玉の場合は、これらは対象外となってしまったので(規約が改定されたため)意識しなくてはならないのです。

もしかするとこれはげん玉の作戦なのかもしれません。規約が変更されたのもこの「ポイント利息」が始まった時期と重なるからです。

けれどもクリックポイントほどではないですが広告利用以外でも比較的かんたんに期限を延長する方法があります。と言うのも以下の項目で得たポイントに関しては、アクションと見做してくれるからです。

  • CM視聴(poncan)などの動画視聴
  • アンケートに回答する
  • CROWD(記事作成などの在宅ライティング案件)
  • タイピング工場。モリジョブ・モリモリ調査団
  • 紹介したお友達が初めて換金申請した場合

この中で一番お手軽で簡単なのは、CM視聴(poncan)ですかね。まぁ、もともとげん玉を通して楽天市場などのショッピングサイトでよくお買物をしている人や、CROWDやタイピングなどの作業に励んでいる人は、特に気にしなくていいのですけどね。

何はともあれ、私のようにへそくりを貯め込むつもりでしたら時々、ポイント通帳をチェックするなどして、ポイントの失効にはくれぐれも注意してください
2017-01-021

げん玉「ポイント利息」まとめ

「ポイント利息」は、ポイントの失効にさえ気を付けていれば、非常にお得で使えるサービスです。「ポイント利息」の誕生で、げん玉はお友達紹介制度を利用することなく不労所得を得ることのできる唯一のサイトになったとも言えるのですから。

しかしこのサービスの能力を最大限に発揮するには、やはりお友達紹介制度と連動させる必要があるでしょう。

ブログやサイトを使って、自動的にお友達を増やすシステムを構築すれば、この自動ポイント増量装置の回転速度は、更に上がるからです。お友達が初めて換金申請した際にもらえる紹介ポイントもアクションの対象になっているので、ポイントの失効を気にすることもありません。げん玉はお友達紹介制度を利用した不労所得創出においても最も適したサイトと言えるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA