げん玉、最大の危険性(ポイントの有効期限に関する注意点と対処方法)について

コンテンツてんこ盛り、サービス満点の日本最大規模のポイントサイト、げん玉ですが、げん玉を利用する上で、初心者さんは特に注意しなければならない、危険性というか落とし穴めいたものがあります

これは、SSLを導入しているとかプライバシーマークを取得しているとか、そういう安全性の問題ではありません(そんなものげん玉はもちろん、今や殆どのサイトで導入されている)。

では、げん玉最大の危険性とは一体、何でしょうか(タイトルに書いてるけど)。今回はこの点とその対処方法を述べています。

他のサイトよりもポイントが失効する可能性が高い

ポイントサイトで掲載されている広告の中には、怪しいものもあるため、事前にユーザーの口コミを読むなどしてそういった点も気を付けなくてはなりませんが、ことげん玉において、最も注意しなければならない点がこのポイントの有効期限切れです。

ポイントサイトというのは、お買い物や広告を利用することでポイントを貯めるサービスですので、この手の広告サービスを頻繁に利用している人ならこの問題は特に気にする必要はありません。

また、そうでなくとも、半年や1年の間に一度でもログインしたり、クリックやゲームで1ptでもポイントが増えれば、大丈夫です。たいていのポイントサイトがそうすることによって、ポイントの有効期限がマルマル伸びる仕様だからです。

たとえば、ハピタスポイントインカムなどは、前者が1年間、後者が半年間に一度でもログインすればいいパターンですので非常に楽ですし、ポイントが失効する恐れは低く、実質無期限のようなものです(この機会に後日、各ポイントサイトの有効期限をまとめた記事を作成しました。こういうのあった方が便利でしょ?)。

しかし、げん玉の場合、長らく放置プレイを決め込んでいると、せっかくのポイントを失効する恐れが他のサイトよりも高いのです。

なぜならげん玉は、180日(半年)間、一度もアクション(サービスの利用など)がない場合はポイントが失効する、ためです。

げん玉の場合、「ログイン」ではなく「アクション」になっている点に注意です。この「アクション」には、クリックやゲームなどで得たポイントが含まれません。

あくまで楽天市場など提携ショッピングサイトでお買い物をしたり、会員登録やカード発行といった、広告案件を利用する必要があるのです。

対処方法

ただし、広告案件の利用以外にも「アクション」すなわち「サービスの利用」に含まれるものがあります

これには「アンケート回答」「CROWD(クラウド)」「タイピング工場」などが挙げられますが、CROWDの記事作成やタイピングは時間がかかります。いつも取り組んでいて慣れている人はいいですが、そういうのは面倒くさいと思う人も多いでしょう。

そういう人におすすめと言うか、最もおすすめなのは「アンケートの回答」、これになります。

スマホ版の場合、一番下に並んだタブからすぐに行くことが出来ます。

アンケートには3種類ありますがその中でも特におすすめが、チャット形式のアンケート。数秒間で数ポイント手に入るからです。

これは結局、他社のサービスの宣伝みたいなものです。こういうおすすめのサービスがありますよってな感じです。

げん玉、最大の危険性と対処方法について まとめ。

げん玉も数年前までは、1ptでもポイントが増えれば良かったため(クリックやゲームでもOKだった)、ポイント失効のことを気にする必要はありませんでした。それが利用規約の変更で厳しくなったのです。

また、少し前までCM動画視聴も「アクション」に含まれていたのですがいつの間にか対象外になっているため、今回紹介したアンケートもどうなるか分かりませんが当分、大丈夫だと思います(なんとなく)。

げん玉の場合、ポイント失効には特に注意して利用する必要があります。失効予定日は、通帳のところに記されているので時々でも確認する癖を付けましょう。
利用したサービスが有効になると上のように通帳に記載されるので(これはチャット式アンケートである)利用後はあわせてチェックしておくといいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA